東京五輪に向けた展望

外国人観光客は、今後もますます増加すると考えられます。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックがそのピーク。さらに世界中の様々な国から人々が訪れるようになるでしょう。それに向けて、日本はWi-Fi後進国から先進国の仲間入りを果たさねばなりません。

前回のオリンピック開催地のロンドンも、大会開催を機にWi-Fiスポットの設置が充実しました。
まず特筆すべきはオリンピック史上初めてメイン会場へのWi-Fi設置を実現したことです。多くの観客が一度に使えるように技術を駆使したシステムを開発したのです。
そうした技術が、この国のWi-Fi環境の発展に繋がりました。

日本も、まさにそのターニングポイントに立っています。この変化を負担ととるか、チャンスととるか、それはこの国の考え方次第なのです。
FREE Wi-Fi通信網の拡大は新たなるビジネスチャンスにも繋がっています。
初めて来日した多くの外国人観光客の満足を引き出すべく、Wi-Fiを活用してさらなる情報提供ができるような環境を整備するのです
そうすれば、もっと日本の魅力を発信でき、再来訪を促すきっかけも作れるかもしれません。

東京五輪は、その第一歩。日本のこれからを握る、試みなのです。