Wi-Fi利用環境の海外との相違

スマートフォンスマートフォンやタブレットなどの端末は、今や世界中で普及しています。
パソコンと違い、いつでもどこでも利用できるのが強みです。
誰もが欲しい情報をその場ですぐ入手でき、どこからでも配信や拡散、手続きを済ませられる時代なのです。

さて通信手段ですが、日本ではインターネットをほとんどの場合が3GやLTE4Gに頼っています
これはパケ放題などパッケージ契約サービスが充実していることに起因します。
サービス適用内であれば、屋外にいてもインターネットを気軽に楽しめたのです。

ところが海外の多くの場合は、そこまでサービスは充実していません。だからこそ、外でもインターネットを利用できるよう、街ナカや施設などでWi-Fiの設置が必要とされたのです。
こうしたニーズはビジネスにも活き、無料Wi-Fiを売りにして集客を図る店舗もたくさんできました。

結果、海外では、インターネットを利用しにくいエリアでもWi-Fiを繋いで快適にやり取りできるような環境が生れました。また、行く先々でWi-Fiを繋ぐことで、逆に日本よりも安く利用できるようにもなったのです。
Wi-Fi環境の普及の違いは、そもそもの通信環境にあったのです。